変容を生み出す力




自分を知ろうとするとき。

思考が助けになりますが、自己との対話や、 自己認識をしていく時、自分では全く気が付かないトラップがあります。

そのトラップに嵌ることがないように、

ある領域を活性化、強化または開花させる必要があります。

この領域がしっかりとはたらきを持たなければ、無意識的に作られた思考(自分自身でここに気がつくことは至難)の中にずっと留まり続ける結果になります。

ここに留まり続けることは、何か起こった時に自分を納得させる思考に留まることと同じこと。

不自然な結果(望まない事象)に対して離れることを選んだり、避けることを選択します。

それは解決しているようで解決しておらず、

ネガティブなものを完全に含んだポジティブな選択になります。

この場合、一定のところまではいけると思いますが、その先に進むのはとても難しいと思います。

これは私の実体験に基づく考察です。

その先に進むために、真の探究を行い、

自分を知るために変容を生み出す力が大切になります。

変容を生み出す力はどこにあるのか。

それは自分の内側にあるのですが、自分の内側からこの力を活かすには時間が必要です。

時間をかけて変容を生み出す力を開花させます。

どのような方法を用いて時間をかけて行うのか。

この方法をヒーリングクラスでお伝えしています。

※明日のヒーリングクラスをお申込みの方には、クラスのURLをお送りしています。

まだ届いていらっしゃらない方がいましたら、お手